有望成長株の法則 - 栄光インデックス -

※「有望成長株の法則」はあくまでも過去の高騰銘柄を分析したデータをまとめた書籍です。
本書籍に記載された内容の再現性や、未来の株価を保証するものではありません。

成長株にはヒントが沢山あった!

“成長株”とは、ご存じの通り「業績が良く、さらなる成長が見込める企業の株」のことで“グロース株”と呼ばれたりもします。

具体的な例としてご紹介するのは、今や日本を代表する企業にまで成長した衣料品ブランド「ユニクロ」を擁する【9983】ファーストリテイリング。

1994年に株式上場したばかりの頃、同社は中国地方のみでチェーン展開する、所謂地方企業でした。しかし、その後フリースジャケットやヒートテックなどの爆発的ヒットもあり、今では売上高2兆円を誇る世界有数の衣料品小売りグループにまで成長しました。

ファーストリテイリングが記録した最安値は1998年6月の262円(株式分割後の金額に換算)ですが、2021年3月には最高値11万0,500円を記録。株価421倍という驚異的な成長を示したのです。

※あくまで成長株の一例として過去チャートを掲載しております。本書籍による学習成果を保証するものではありません。

また、戦後日本を代表する“成長株”として忘れてはならないのが【9984】ソフトバンクグループ。

1994年の新規上場時、パソコンソフト卸・出版事業というシンプルな事業形態だった同社は、カリスマ経営者、孫正義氏の手腕もあり、その後M&Aを繰り返しながら事業を拡大。

ボーダフォンを買収し移動体通信事業に参入したことで更なる飛躍を遂げ、一時は時価総額11兆円企業にまで成長したのです。

※あくまで成長株の一例として過去チャートを掲載しております。本書籍による学習成果を保証するものではありません。

さらに、IT業界の風雲児と呼ばれた【4751】サイバーエージェントも“成長株”の代表格と言えます。

2000年に東証マザーズに上場した時、同社はネット広告事業に特化したネットベンチャー企業でした。しかし、今ではメディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資家育成事業という4つの柱を持つ巨大企業にまで成長しています。

※あくまで成長株の一例として過去チャートを掲載しております。本書籍による学習成果を保証するものではありません。

矢印

長期間かけてではあるものの、
100倍を優に超える上昇チャートを
描いたこれら成長株。

確かに、3000以上も存在する上場銘柄の中から、1つ1つ丁寧に業績などを調べて探していたのではキリがありませんし、それだけ時間をかけて探してもその銘柄が”成長株”となる確率はとても低いかもしれません。

そこで、私達は“成長株”に関する秘密を書籍として公開することにしました。

ファストリ、ソフトバンク、サイバーエージェントも
当てはまった

成長株の“ある法則”とは?

これらは“成長株”の見つけ方としてはとてもスタンダードで、何も目新しいものではありません。実際に、多くの個人投資家の方が上記要素を参考に銘柄を探したご経験をお持ちでしょう。

ただ、上記3条件だけでは「成長株の法則」としては不完全です。

なぜなら、この3条件で銘柄を調べれば、膨大な数の銘柄がヒットしてしまい、有望成長株だけに絞り込みきれないからです。

続きは
「有望成長株の法則」電子書籍版にて
お確かめください

今なら無料プレゼント中!

※「有望成長株の法則」はあくまでも過去の高騰銘柄を分析したデータをまとめた書籍です。
本書籍に記載された内容の再現性や、未来の株価を保証するものではありません。

栄光インデックスの事業一覧

学習コンテンツ

株式投資に関する教育・学習に特化したコンテンツのご提供をしております。

初心者・中級者・上級者のレベルにあわせた教材、短期・中期・長期など、多様なトレードスタイル別に特化した専門教材など、豊富な学習コンテンツが御座います。

オンラインセミナー

YOUTUBE・ZOOMなどオンラインのプラットフォームを活用し、個人投資家向けの勉強会の開催を行っております。

移動平均線の活用方法な基本的なテクニカル分析手法、要点をおさえたIRや決算報告書の見方やファンダメンタルズの活用方法など、実戦向きな分析手法のご解説を行っております。

※有料の学習コンテンツ、オンラインセミナーには申し込みがない限り参加できません。 電子書籍の無料ダウンロードから有料サービスへ自動的に申し込まれることは決してありません。

カスタマーサポート

私たちが提供するサービスについて
ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電子書籍を受取るアドレスを入力し
「今スグ無料で受取る」ボタンを
クリックしてください。

※電子書籍のダウンロードに費用は一切かかりません

※「有望成長株の法則」はあくまでも過去の高騰銘柄を分析したデータをまとめた書籍です。
本書籍に記載された内容の再現性や、未来の株価を保証するものではありません。